すべての記事

第28回随筆春秋賞の募集は終了しました。
600本以上のご応募をいただきました。


【募集要項】

終了しました)

◆募集開始・締切  

  • 募集開始 2022年6月1日  
  • 募集締切 2022年8月31日(当日消印有効) 

◆応募内容 

 未発表の随筆(エッセイ)に限る。テーマは自由。 

◆応募資格 

 不問 

◆応募規定 

(応募原稿の様式) 

  • 日本語による縦書きであること。400字詰原稿用紙換算で5枚(数行の過不足は許容。たとえば、5枚に数行足りない、6枚目が数行に及んだなど)。パソコン入力の場合:A4の用紙に20字×20行、文字の大きさを14~18ポイントで印字(マス目の印字は不要)。 手書きの場合:市販のA4判400字詰原稿用紙に黒か紺のボールペンもしくは万年筆を使用(B4判の原稿用紙は不可)。 
  • 原稿には表紙をつける。表紙には、①題名②氏名(本名と筆名、ふりがな)③生年月日、性別④住所(郵便番号)⑤電話番号⑥職業を明記。 
  • 本文は2枚目の第1行目から書き出す。 
  • 原稿(表紙+本文)の右上をホチキスなどで綴じ、作品の欄外にページ数を記入(ページ番号は本文のみ。表紙には不要)。 

 (応募上の注意) 

  • どなたでも(国籍不問)何本でも応募可。応募は無料(事務手数料は不要)です。 
  • 応募作品は返却しません(講評はつけません)。 
  • 審査や結果に関するお問い合わせには応じかねます。 
  • 入選作品・最終選考作品は、作品名、作者名、都道府県(または政令指定都市)名を随筆春秋誌およびホームページで発表します。 
  • 入選作品の著作権は主催者に帰属します。 
  • 応募で得た個人情報は、当事業以外の目的では使用しません。 
  • 応募に当たっては、上記に同意いただいたものとみなします。 

◆随筆春秋賞の求める作品

 人間を書くこと 

  • 自分、家族、友人、知人、誰でもよいがテーマは人間で。 
  • 表面的なことや日時、数値よりも、内面重視で。 
  • 立派な面だけでなく、愚かさや儚さも、そのまま書く。 

 読者に伝える努力をする 

  • わかりやすい言葉で、漢字も常用漢字のみで。 
  • 比喩も用いて、読者が頭の中にくっきり映像を描けるように。 
  • 読者の喜怒哀楽の、琴線にふれれば成功。 

 自分が「私」として登場すること 

  • テーマとしては別の人が主人公でも、自分と関わった部分を書くこと。 
  • 「私」以外の一人称を使う時は、読者が感情移入できるか注意する。 
  • 自分がほとんど登場しない作品は、訴求力が弱いと考えること。

◆応募先(募集は終了しました)

 〒170-0003 東京都豊島区駒込7-10-10
 (一社)随筆春秋 随筆春秋賞応募係   

  郵送での応募のみ受付(メールによる応募は不可)。 

 ※ただし、海外からの応募者のみ郵送事情を考慮し、電子メールでの送信を受け付ける。

 ※その場合、PDFファイルで送信のこと。e-mail me@zhs.jp 

◆賞 

 ・ 随筆春秋賞  優秀賞  1本   賞状・盾・賞金10万円 

 ・ 随筆春秋賞  佳    作     2~3本   賞状・盾・賞金1万円 

 ・ 佐 藤 愛 子 奨 励 賞  1本        賞状・トロフィー・賞金3万円 

 ◆選考委員 

 ・ 佐藤愛子竹山洋近藤健池田元 

◆発 表 

  • 審査結果は、第59号随筆春秋誌上(2023年3月末日発行)にて公表。受賞者には2022年12月に直接お知らせします。 

◆授賞式 

  • 例年5月中旬の日曜日に、東京都内会場にて授賞式を行っています。しかしながら、2020~2022年は新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴い中止しています。2023年の授賞式については、現段階では未定です。

お問い合わせ 

一般社団法人   随  筆  春  秋 

 事務局 

〒170-0003 東京都豊島区駒込7-10-10 

電話03-3918-8500 FAX03-3918-8507 

e-mail    me@zhs.jp HP https://zhs.or.jp または https://随筆春秋.jp


2022.09.04更新

正倉一文

近藤代表の故郷 "様似の海"―名勝「親子岩」― (↑CLICK!



🌊令和4年5月14日

事務局連絡


随筆春秋第58号について 


第58号の原稿締切は6月15日(水)で、発行・発送開始は9月30日(金)の予定です。ひとつの号に掲載できる作品は原則として1作品だけです。 
原稿用紙1枚目(表紙)に、作品の題名、氏名(本名と筆名、ふりがな)、生年月日、住所、電話番号を明記してください。原稿用紙2枚目の1行目から本文を書き出してください。 
本文は句読点、改行後の文字空き、空き行を含めて400字詰め原稿用紙5枚半(1枚目の表紙は除く)まで、字数にして2,200字までが会費の範囲です。字数が少ない分には、たとえ原稿用 紙1枚でもお受けします。2つ以上の作品を合わせても5枚半以内で収まるという場合、題名を1つつけ、小見出しを2つつけるなど工夫をお願いします。 
2,200字の会費の範囲を超えた場合は、超過掲載料が必要です。超過掲載料は、 

2,201字から2,600字までが2,000円。 
2,601字から3,000字までが4,000円。 
3,001字から3,200字までが6,000円。 

3,201字を超える作品は掲載できません。必ず原稿用紙8枚以内に収めてください。 

作品を入れた封筒に「五十八号掲載」と書いてください。 
なお、この本誌掲載用原稿は、メール(ワードデータ添付など)でも受け付けます下記の「随筆春秋賞」への応募作品はメールでは受け付けません。お間違いのないようご注意ください)。 
会員への本誌発送はひとり2冊です。

追加で希望される場合は、1冊1,200円(送料無料・消費税込)を申し受けます。追加希望は、あらかじめ冊数をお知らせください。 


第28回随筆春秋賞について 


第28回随筆春秋賞の募集要項は別紙の通りです。 

 ■重要■ 会員が応募する場合の注意点をお知らせします。

1.外部からの応募者に対して不公平になりますので、事前に随筆春秋講師の添削指導を受けた作品の応募は不可とします。 

2.応募要項をお守りください。特に表紙をお忘れなく。 

3.応募して落選した場合、そのまま第59号にその作品を掲載したいと希望されても、審査の進行状況によって原稿の返却が間に合わない場合がありますので、ありかじめご了承ください。 以上、よろしくお願いします。

以上、よろしくお願いします。





2022.05.20

正倉一文