【PR】

作家 佐藤愛子

社会現象を生んだ、人気エッセイが映画化!

【広告】

随筆春秋は新規会員を募集中!

この広告を見てお申し込みの方には、第1回佐藤愛子奨励賞 受賞作品 掲載の「随筆春秋第55号」と、

随筆春秋代表・近藤 健 のエッセイ集『祝電』を贈呈いたします。


随筆春秋公式サイト

https://随筆春秋.jp

随筆春秋48号表紙


随筆春秋(ずいひつしゅんじゅう)は、1993年(平成5年)創刊の同人誌。また、その発行団体の名称。現在、日本と外国に約120名の会員を擁する。同人誌の発行は、春と秋の年2回。各号発行部数は、400 ‐ 800部である。電子版も発行している。2023年3月、創立30周年を迎える。

目次

  1. 随筆春秋入会案内
  2. リンク一覧
  3. 随筆春秋ウェブサイト一覧(QRコードでのウェブ一覧も掲載)
  4. 佐藤愛子・直木賞作家の誕生と業績
  5. ステーショナリー販売(一筆箋販売のご案内)
  6. 創刊号からのラインナップ(各号表紙のご紹介)
  7. 随筆春秋とは(随筆春秋の30年、沿革のご紹介)
  8. 投稿記事(これまでに掲載した記事を閲覧)
  9. ABOUT(連絡先)


【広告】随筆春秋「会員の部屋」

※会員の作品を無料で掲載いたします!


1. 随筆春秋は新規会員を募集中!

↓この広告を見てお申し込みの方には、第1回佐藤愛子奨励賞 受賞作品 掲載の「随筆春秋第55号」と、

随筆春秋代表・近藤 健 のエッセイ集『祝電』を贈呈いたします。


2. リンク一覧

【告知】第29回 随筆春秋賞 発表。今回は888本の応募作品の中から受賞作品が決定いたしました。2023.12.29


故・堀川とんこう先生が、ビデオ映像として登壇されました。あの「モモ子シリーズ」の製作責任者という立場です。


ただいま随筆春秋第59号を販売中です。Amazonで送料込み1冊¥1,320円(税込)となっております。

「随筆春秋とは」をこちらからご覧いただくことができます。さらに「随筆春秋の沿革」も併せてご覧ください。


第29回 随筆春秋賞、第4回 佐藤愛子奨励賞の公募は終了いたしました。次回もよろしくお願いいたします。


リニューアルを継続中です。100名を超える会員のうち、約30名の希望者の作品を掲載しています。

佐藤愛子先生に関する写真や記事があります。クリックしてみてください。新規ウィンドウで開きます。


編集長がDTP制作プロデューサーとして奮闘中です。電子書籍、一般書籍ともに充実のラインナップです。


サイトマップというよりも随筆春秋ウェブサイト一覧という内容です。アクセスしてみてください。


3. 随筆春秋関連サイト一覧

↑CLICK!

……………………………………………………………………………………

QRコードによるウェブサイト一覧

◆スマホ用のQRコード一覧表。Googleドライブから開きます。ダウンロード後、印刷することができます。

◆パソコンでも、 URL 表記のところをマウスポインタ―でふれて、 クリックすると、リンク先へ飛びます。


4. 佐藤愛子・直木賞作家の誕生と業績


5. ステーショナリー販売

随筆春秋一筆箋

山下暎二

(画家)

随筆春秋一筆箋

富山竣就

(随筆春秋編集長)

随筆春秋一筆箋

立山 紘 

(写真家)

随筆春秋一筆箋

立山 紘 

(写真家)

◆随筆春秋では「一筆箋」を販売いたしております。ご覧のほかにも、さまざまなデザインがございます(CLICK!

◆送料を含め1冊440円となっております。 ご希望の方は、随筆春秋事務局までご連絡をお願いいたします(CLICK!


6. 創刊号からのラインナップ

(春と秋の発刊)

※表紙の絵について

・第18 号までは、垂水悟郎さんにお願いしていました。俳優(劇団民藝)であり、 エッセイスト、 画家でもありました。

第19 号からは、山下暎二さんに描いていただいています。太平洋美術会  の展覧会に入選ほか多くの受賞歴があります。


7. 随筆春秋とは

↑上の画像をクリックすると随筆春秋の沿革がご覧になれます。




随筆春秋  多摩事務所

住所非公開(研究開発、ロジスティック専門拠点の為)